浄土宗 友武山 法蔵院 楽邦寺 らくほうじ

楽邦寺について

ホーム > 楽邦寺について

楽邦寺について

「思いやりの心を大切に開かれた寺院として、地域に貢献する」

楽邦寺は1998年7月に建立し、皆様のおかげで2013年をもちまして設立15年を迎える事ができました。
地域の方々が気軽に訪れられるよう「老人会」「壮年会」での法話や、子供たちも楽しめる「花まつり」など各法要を開催しています。
地元に愛される寺院を目指し、布教活動に努めてまいります。

楽邦寺 住職 宮城親照

住職プロフィール

浄土宗 友武山 法蔵院 楽邦寺 住職 宮城親照

沖縄県国頭村奥出身
 学業終了後、電電公社(現NTT)に勤め、10年ほど労働組合の幹部を務めていた。35歳から佛教大学の通信教育で佛教学を修める。
その後、実践佛教の加行課程に進み、8年かけて卒業し僧侶となる。
自宅に念仏道場「楽邦布教所」を設け活動を行い、1998年に「楽邦寺」を開山した。
 浄土宗祖法然上人の教えをもとに、親しまれる寺院づくりに努めている。

2007年~2014年 浄土宗沖縄組長

楽邦寺 副住職 宮城親せい

副住職プロフィール

浄土宗 友武山 法蔵院 楽邦寺 住職 宮城親誠

沖縄県北中城村字島袋出身。 1972年3月19日生まれ。
1992年3月 沖縄国際大学 商科 2部卒業。
1998年3月 総合商社 大蔵産業(株)沖縄営業所退社
2000年3月 佛教大学別科(佛教専修)卒業、僧侶になる。
2002年4月 副住職就任。
2007年3月 浄土宗教師修練道場(大本山金戒光明寺)満行
2005年から2016年まで 浄土宗青年会三州教区(鹿児島、宮崎、沖縄)沖縄組長
2015年6月 沖縄パラ・チャレンジャー・サポート(障がい者陸上競技支援会)代表
※パラ・チャレンジャー・サポートについての掲載記事はこちら

NPO法人 自立就職労働支援センター(就労支援A型事業所)縁power監査役
※縁powerのホームページはこちら

ページの上へ戻る